中期経営計画

中期経営計画  ~2021年4月期

「建設現場にファースト(最上級)なサービス(FS品質)を心から」を基本方針に掲げ、下記の通り数値目標を設定致しました。

中期経営計画

創業以来「新しい足場文化と安全文化の創造」を理念に掲げ、社会の課題に対応した取り組みを行って参りました。
単に「安全・安心」だけでなく「感動」も提供できるサービス会社として成長して参りましたが、次の中期経営計画では、足場施工を事業の中心としながらも事業領域を“建設現場”全体に拡げ、“ビケ足場=高品質の足場”という評価にまで高めた”最上級のサービスを提供する”(FS品質)精神を当社だけでなくダイサンに関わる企業の皆様を通じて、社会的問題の解決に取り組む想いを方針といたしました。

5つの重点戦略
1中層大型建築物向け足場施工と製商品の販売拡大
  • 施工技術の向上
  • 外部工事業者との連携
  • 足場以外のサービス提供
  • 中層大型建築物向け製商品の提供
2新たな市場への挑戦
  • 土木工事向けの市場・海外市場
3施工サービス事業の資源を利用した事業領域の拡大
  • リースレンタル事業・機材整備事業・カメラ事業
    キャドシステム事業・教育事業など
4足場施工サービスの施工効率向上
  • 足場部材の軽量化
  • 作業の機械化
  • 施工管理システムの刷新及び事務処理の自働化
5多様な人財の獲得と働きやすい職場環境の構築
  • 外国の方の採用・女性の活躍
  • 高齢者の採用
  • 多様な働き方の採用
  • 社内業務の効率化・福利厚生の充実

詳細につきましては、下記のPDFファイルをご覧ください。 中期経営計画(2019年4月期から2021年4月期まで)